会社沿革

昭和40年11月織田島俊雄が燕市にて金属器物製造業を創業
昭和46年1月株式会社織田島器物製作所となる
初代社長に織田島俊雄が就任
昭和58年9月真空炉の導入と同時にステンレス製魔法瓶の製造を開始
昭和59年4月ステンレス製魔法瓶協議会に加入
現在の核事業である各種真空容器の製造を本格的に開始
平成13年9月二代目社長に澁木収一が就任
平成13年10月チタン製品開発開始
平成15年10月株式会社セブン・セブンに社名変更
平成19年ステンレス製品のショールームとして、SUSgallery を開設
平成26年3月SUSgallery コレド室町店開設
平成26年10月東京営業部 SUSgallery 銀座へ移転
平成29年10月三代目社長に栗田宏が就任